過ぎたるは猶及ばざるが如し

複雑になりすぎた日本社会をシンプルに楽しく生きる

【大反対】参院6増法案に反対する5つの理由【理解不能】

time 2018/07/11

【大反対】参院6増法案に反対する5つの理由【理解不能】

今日の理解不能ニュースです。

なぜか、本当になぜか参院6増法案が参議院で可決されたそうです・・・・

 
 

参院6増法案、参院通過 自民は採決強行 野党反発

参院の議員定数を6増やし、比例区に特定枠を設ける自民党の公職選挙法改正案は11日、参院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決された。

ああ、いやだいやだいやだいやだ。

本当にいやだ。なんなんだ日本の政治家は。最悪最低だわ。

まあ、選挙のたびに一票の格差がー!って言って散々批判続けた野党もアレだけど、まあ、見事にそれを逆手にとって参議院6も増やす自民も本当に凄いな。

今夜は参議院6増に大反対する5つの理由を挙げさせていただきます。

1.そもそも公約違反

自民党は2010年に発表した政策集でこううたっています。

244 国会議員定数の大幅削減
衆議院・参議院の国会議員定数を3年後に722名から650名に1割削減し、6年後には、国会議員定数を500名に3割削減します。

245 二院制のあり方の検討
憲法改正を前提に、わが国の二院制のあり方について検討を行います。

えっと、これ発表してから8年経った今、国会議員定数は衆議院465、参議院242で、707名。ここから6名増やして713名にしようという事。

あの公約通りならとっくに500名になってるはずが、2013年の目標の650名にも遥かに届いてないんですが。

自分は自民党に投票はしてないのですが、自民党を信じた人は騙されましたね。見事に。

政治家はとにかく公約守れ。

 

2.1票の格差を是正したいだけなら他に方法がある。

さて、この6名増の大義ですが、1票の格差の是正です。参議院は最大で3倍の1票の格差があるので、選挙区の人口に合わせて議員の数を増減して1票の格差を是正する必要があります。これは解ります。

1票の格差の是正の方法としては、簡単な方法だと

・人口の多い選挙区の定数を増やすか

・人口の少ない選挙区の定数を減らすか

の2つがあります。

ですので、国会議員の数を増やさずに1票の格差を無くす方法となると、人口の少ない選挙区の定数を減らすのが良いように感じます。

しかし、コレをやると人口の少ない地方選挙区の議員が減るという問題もあり、あまり好まれないようです。

ただ、他にも方法は幾らでもあります、

たとえば、参議院は比例が全国なので比例を衆議院の様に地区ごとに割り振る事や、比例の定数を減らして、小選挙区の定数を増やせば、地方選挙区の議員を減らさずに、全体の定数を増やす事も可能です。

というか、そもそも衆議院ですらやっと一票の格差が2を切ったのに、たった100ちょっとしか小選挙区参議院の小選挙区の一票の格差(現在3倍くらい)を議員増という対応で違憲ではない2以下にしようとすると、参議院を衆議院と同じ数まで増やさないといけなくなります。

はっきりいってありえないので、そもそも参議院は一票の格差の許容範囲増やすなど、憲法改正を考えた方がよっぽど良いと思う。

 

3.そもそも参議院いらない

自分はずっと前から参議院いらない派でした。

というか上記の通り自民党ですら

憲法改正を前提に、わが国の二院制のあり方について検討を行います。

って公約出してたのに・・・・全然検討して無いだろう(怒)

そもそも参議院ってなんの為にあるんだよ。

日本は大体衆議院が与党3分の2を取ってるので、参議院で幾ら法案否決しても、衆議院再議決で可決されてしまう。

参議院が法案否決して、最終的に否決になった法案はなんと1950年に1度あっただけ。その後68年も無い。

そもそも、日本は党での意見が統一されてしまっており、国会議員が個々で法案について良い悪いを判断しないから、衆議院が与党3分の2取った時点で100%与党の法案は通ってしまうんだよね。

衆議院と参議院が同じ与党なら、法案が参議院をスルーして通るだけ。

衆議院と参議院が違う与党なら、さらに最悪のねじれ国会で、衆議院通る→参議院否決→衆議院で再決議、結局通るのにただただ無駄に時間が掛かるだけ。

こんないてもいなくてもどうでも良いのに、人気は6年と長いし、まあ人気短くして参議院なんて役に立たないものの為にこまめに選挙するのも無駄だし。

本当に無駄でしかない参議院。無駄無駄無駄無駄。

参議院265をなくして、衆議院50くらいだけでも増やせば、1票の格差も改善されるし、少数派意見の切り捨ても改善される、自民党も公約どおり国会議員500になる。

良い事だらけ。

 

4.日本は国会議員1人1人が自分の頭で考えないから数は必要ない。

上記で書いた通り、そもそも国会議員1人1人が法案毎に自分の考えで賛成反対をするなら、意味あると思うんですよね、二院制は。

というか、結局、二院制以前に、衆議院だって個人個人が考えて法案出したり、賛成反対してる訳じゃない。衆議院3分の2を取った与党の偉い人が出した法案を、与党党員の国会議員が全員で賛成し、全部通るだけ。

たしかに日本の国会議員は人口に対して多いわけじゃないが、こんな仕組みじゃあ国会議員なんて人数いる必要ない。

5.財源(笑)は?

そもそも、議員定数増やすのは良いけど、財源は?

こことの所、少子化対策にしてもなんいしても国は「財源が無いやるなら増税とセット」が口癖だったんだけど。

議員定数はなぜ増やせるの?

もちろん、議員定数増やすなら国会議員の給料(厳密には歳費)を減らして全体の支出は増やさないでね。

日本の国会議員は給料高すぎ。

だいたい、公約守らない政治家に給料払う必要あるのかよ。

 


今夜も参院6増法案に反対する5つの理由として、書きたいこと書かせて頂きました。

最後までお読み頂いてありがとうございました。

参議院6増に反対!賛同してくれる方は是非、応援クリックお願いします!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

sponsored link

■楽天

■バスケで熊本支援
【熊本VOLTERS(ヴォルターズ)公式グッズ!】


気になる同級生のブログはコチラから↓
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

down

コメントする




sponsored link

プロフィール

ピョンチキ

ピョンチキ

ピョンチキです。
4歳の娘子育て中のパパです。
【在住】千葉県
【出身】東京都八王子市
【趣味】バスケ観戦
【好き】カエルのピクルス
子育てに関する事、自分や娘が好きな事に関する記事を書いていく予定です。

ブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

Rakuten

ポピーお試し版

バスケで熊本支援

七五三におススメ!フォトブック
PVアクセスランキング にほんブログ村